top of page
  • Abox Photo Academy

KG+ 写真展 メンス・エト・マヌス 〜手と心〜  5/2-5/14

Kyotographieのサテライトイベント、KG+にて5/2-5/14の会期、4名の作家のグループ展を開催いたします。



メンス・エト・マヌス〜手と心〜 Mens et manus~hand and heart~


古来より、美しいもの心惹かれるものを手元に留め置いておきたい、という欲求を人は根源的に持っている。洞窟画から絵画へ近代には写真も発明され、留める技術は多様化していった。現代においては、カメラや携帯電話などを用いて写真に留められる行為が一般化している。だが、写真に映ったものと撮り手の心が受け取ったものとの齟齬は存在する。私たちは、その齟齬を埋めようと手を使って作業する行程を加えた。これらの試みは作家の祈りにも似た想いや心惹かれた何かをより一層具現化しようとするものであり、あるいはそれぞれの心の奥深くに潜む無意識の揺らぎを鮮明に立ち上らせる行為であるとも言える。あたかも手を使うことでしか見出せないかの如く。 "Mens et manus(メント・エト・マヌス)"はラテン語で「手と心」を意味する。 本展では様々な手法を用いて手仕事を写真に加え作品として昇華させた4名の作家のグループ展である。


飯田 夏生実、市ノ川 倫子、塩澤 朋子、西岡 さと子 Naomi Iida, Tomoko Ichinokawa, Tomoko Shiozawa, Satoko Nishioka


ギャラリー35 京都・釜座 Gallery 35 Kyoto Kamanza 〒604-0014 京都市中京区二条通釜座上ル大黒町696|696 Daikoku-cho, Nijo-dori Kamanza-agaru, Nakagyo-ku, Kyoto


Open: 5/2-5/14 11:00-19:00 (初日15:00open,最終日17:00close) Open everyday Tel: 070-4566-2067

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page