top of page
  • Abox Photo Academy

Abox People Vol.10「アートフォト講座 Advanced Plusコース」受講生市ノ川倫子さん インタビュー



2022.6.11(土)から 目黒 金柑画廊で個展を開催する市ノ川倫子さんにお話を伺いました。



聞き手 Abox Photo Academy  講師  松龍


 

【写真との出会い】


松龍:まずは市ノ川さんのことをご存じない方のために簡単な自己紹介をお願いできますか。


市ノ川:普段は会社員をしながら、休みの日に作品を作っています。写真を始めたきっかけが、会社で広告媒体を作る部署に異動になり、その時に部署の後輩から写真のセミナーを勧めてもらったことでした。

 写真の知識があった方が自分も仕事の役に立つかなと思いました。

 そのセミナーを受けたことでカメラを手にしたのが2013年だったんですけど、それから作品をずっと制作して発表しています 。


松龍:それ以前はカメラと市ノ川さんの関係ってどんなだったのですか?


市ノ川:子供の頃から美術は好きで絵画とか見るのは興味があったのですけど、 写真は自分の中で現実を映すものっていう固定概念があって、良い写真っていうのは、世界の絶景であったり、スポーツの素晴らしい瞬間を切り取ったものっていうイメージが強かったんです。

 それに対して絵は自分の思った心情とかを載せて描けるから、絵画の方が面白いと思っていて、カメラという機械とか写真には興味が向かなかったんです。


松龍:さっき広告の部署のお話が出ましたけど、実際に自分が写真を撮る状況になったわけ?


市ノ川:いえ、カメラマンやデザイナー、スタイリストさんが商品撮影をしてる現場に立ち会うという仕事でした。


松龍: なるほどね。「こういうの撮って。」って依頼するクライアント側なんだ。


市ノ川:そうです。現場のクリエイターにこちらの希望を伝える側だったので、自分も写真のことを分かっていた方がクオリティの高いものが作れるだろうと思ったんです。最初に受けたのはカメラメーカーのセミナーだったんですけど、その後輩の誘いがなかったら自発的に写真に関わることはなかったでしょうね。


松龍:最初はどこのセミナーを受けたの?


市ノ川:オリンパスのセミナーです。ちょうどオリンパスが女性をターゲットにしたカメラを発売してて、やはりOL向けのセミナーだったんですけど。写真を習うだけじゃなくってマーケティング的にも、「そういうセミナーに参加する女性ってどんな年齢層で、どういう趣味嗜好の方たちが来るんだろう?」って、違う角度からも興味があったんですよ。

 でも自分の作品が講評されたときに割と褒められることが多くて、参加者による投票制のコンテストでも上位に入って。もしかしたら写真は自分に向いてるかもって思ったんです。

そしてセミナーは終わったんですけど、これで終わりにするのも勿体ないと感じたのが続けるモチベーションになりました。






 

【 他人と同じものを撮りたくない 】


松龍:セミナーに行って写真の撮り方や知識は短期間に吸収できたの?


市ノ川:もともと絵が好きだったから構図的なものの吸収は早かったんだと思います。被写体に対する視点も評価されましたね。


松龍:その頃って急激にカメラが進化して撮りやすくなってきた時代だから、操作がし易かったのも入り口としては合ってたんだろうね。


市ノ川:そうですね。パソコンなども得意な方だったので機械に対する抵抗も少なかったんですけど、オリンパスはフィルターの機能も充実してて表現の幅が広がって面白かったですね。だから絵を描くように自由に表現できる道具なんだって思えるようになってから、楽しくってのめり込みましたね。

 そのあと、いろいろな先生の元に4年ほど通ったんですけど、2017年にある教室のグループ展で発表したのが多重露光の手法でまとめた「DAYDREAM」です。それがきっかけでオリンパスギャラリーで個展を開催する流れが生まれたんです。


松龍:広告の仕事がきっかけで写真に出会ってから写真好きになっていった経緯はわかりましたが、そこから作家になるまでの経緯をもう少し詳しく教えていただけますか?


市ノ川:カメラって押せば写るじゃないですか。「自分だけが撮れるものってなんだろう」っていう想いは写真を始めた頃から抱いていたんですけど、何人かで同じ場で展示をしたことで、個性ということをさらに深く考えるようになりましたね。

 「多重露出」、つまり何枚かの写真を重ねて1枚の全く違う世界を生み出すということをカメラ内で撮影の時にできるということが、自分にとって個性を出す手法の一つがということになっていったんです。だからその機能が付いたオリンパスのカメラとの出会いも私には大きかったです。





市ノ川:土曜も仕事になることが多かったので、教室に通うということが難しくなる時期もありました。それでも通える講座は続けていたところ、楽しく撮り続けて発表も続けていくと、作品を通じて出会う方の幅も広がっていきました。すると写真を撮る以外の知識、、例えば海外にはどんな写真家の方がいるとか写真史のこととか、自分には全く知識が無いって気づいたんです。当たり前のことですけど、ごく限られたコミュニティの中でしか活動してこなかったんだなって。


松龍:そうした世界をもっと知る必要があるなって感じたんですね。


市ノ川:そうです。写真家の話になっても「奈良原一高って誰?」みたいな。自分はフィルム写真も通過してきてませんしね。どんどん写真の勉強にのめり込みました。ちょうど写真と出会う少し前に色々あって、「このあと自分ってどうなっていくんだろう?」って思っていた時期に写真に出会ったのが大きかったですね。


松龍:まさにハマったんだね。


市ノ川:そうですね。自分の空白の時期に出会ったこともありますけど仕事の状況も違ったら、ここまで写真に集中できなかったですね。


松龍:写真を取り巻くコミュニティの中に、作品を作り続けていればそのコミュニティの中で生きていける、立っていられる。というのがあるじゃないですか。そこには年齢、性別、社会的ポジション、そうしたものが全く関係ないフラットな関係性があると思っていて。

市ノ川さんは本当に、そのど真ん中にちゃんと立っているから人脈とか世界観がものすごくきちっと構築されてきているのが外側から見てて感じるんだよね。