• t.takasaki

透過する物の撮影は難しいけれど。


先月のブログで「黒い商品は普通に見えるように撮るだけでも大変」だということに触れた。

そして「難しいものほど、丁寧に光を当てれば美しさを増す。」ということにも。


この場合、「難しい」の意味には様々ある。


「労力的に大変」

「着地点が全くイメージできない」

「機材に限界があって脳内にイメージしているビジュアルに届かない」など。


実はこの「事前に完成図をイメージする」っていうことがライティングには大切で、

人によってそのイメージは違って当たり前。


撮り手によって、最も表現の違いが表れる物体は「透過するもの」だと僕は思う。





化粧品や飲料品のボトルを見ると判りやすいが、まず表面にラベルやロゴが印刷されている。


表面の文字や質感の表現が、まず1つ目の要素。

そして透けた液体の中身の表現が2つ目の要素。


その2つの「組み合わせ」によって表現されるので、個人差が生まれやすい。


昔のラムネの瓶のようにラベルがない商品もある。

でも、その容器がガラス瓶なのか、ペットボトルなのか?

表面の質感や容器の厚みも表現する。それは商品撮影の真髄でもある。


面倒臭そうに思われるかもしれないが、、、

「透過する商品」はライティングを進めていくうちに誰もが面白くなって、のめり込んでいくようだ。


「商品撮影講座」受講生のメンバーの多くが、その「面倒くささ」より「面白さ」が勝っていく様子を、僕は何度も見てきた。