• t.takasaki

模倣から学ぶこと。

SさんのStillife作品(静物写真)への情熱に注目したのは、僕のyoutubeチャンネル「From the master’s room」の「水面の揺らぎを撮る(第3&4回)」で紹介した作品を、彼が模倣してfacebookに投稿してくださった時に遡る。


撮影:Abox 塾長 高崎勉

時々、写真を真似されてトラブルになるケースはあるけれど、この場合は僕が撮り方を解説して公開しているわけだし、根底に「静物写真の面白さを広めたい。」っていう気持ちがあったから、僕は心底嬉しかった。よくぞチャレンジしてくださったと。

しかもアップしてくださった作品を見たら、その苦労が手に取るように伝わってくる。

「限られた空間で引きがなかったんだね。」

「焦点距離の短いレンズで商品が歪んじゃったんだね。」と。

本人には想像以上に勉強になったに違いない。僕としては、「してやったり」という感じ。

さらにSさんの投稿には続きがあって、別のお酒のボトルに乗せ替えて撮った作品もあった。



撮影:Sさん

バリエーションのつもりでトライしたのだろうけれど、どうして僕がこの撮り方でこのボトルを選んだのか、きっとそこまで理解を深めてくださったに違いない。

これはチャレンジした者にしか解らないこと。

真似した写真を「作品」と呼ぶことはできない。でも「模倣」は写真に限らず美術を勉強するには一つの手立て。SさんのようにStilllifeの面白さに気づいて、のめり込んでくださる方が、もっと増えたらいいなと思う。



そしてAbox Photo Academyの「StillLife講座(全6回)」もいよいよ7月に最終回を迎える。


被写体への理解、光を考察する経験はStillLifeというジャンルを超えて、風景や人物(動物)、スナップの作品にも活かされるはず。


「この植物は、どうしてこんな形になったのだろう。」

「この人は、どうしていつも怒っているのだろう。」

「どうしてうちの家族は、こんなにガサツなんだろう。」

「何の変哲も無いの部屋なのに、なぜ落ち着くんだろう。」


その観察と考察は文脈を成していき、作品のタイトル、ステートメントへと繋がる。


スティルライフ講座(第2期)は、2020年秋に開講予定。






Abox Photo Academy 事務局&Studio

(高崎写真事務所内)

東京都新宿区西落合 1-26-6
東京都印刷センター協同組合ビル 3階A号室

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

横浜校

横浜市神奈川区鶴屋町3丁目30−8 SY ビル 2 階

​ビートルビル

©  Abox Photo Academy.