写真展をやったら必須

写真展を開催し、自分の作品を観てもらい

人に影響を与えたり

作品を評価してもらったり

販売したり、掲載してもらったり

何かの反応があるが、これを得て成功したと満足していては、博打と同じだ。


真に成功する人達は、必ず目標設定と振り返りをしている

そして、単に反省を漠然とするのではなく、KPT法を使ってやるといい。


次回のAboxの授業ではこれを実践する

言語化してみると、もやもやとしていた感想が

次への戦略へと変わる


そして、次にやるときには

目標が計測できるように設定できて、何となく成功か?失敗か?なんて曖昧なことはなくなる。


作家の感覚や感性はマネジメントでき、ストラテジーとともにある。




評価軸の設定は、こんな感じ

■展示方法

 空間設計

 額装

 サイズ

 セレクト

 点数

■作品強度

 Theme

 Motif

 Reason

■告知・コミュニケーション

 DM

 SNS

 動画

 口頭説明

 ステートメント


まだまだ、ありますね。

次回の授業から何を気づきとして得るのか、とても楽しみです。


最新記事

すべて表示

Abox Photo Academy 事務局&Studio

(高崎写真事務所内)

東京都新宿区西落合 1-26-6
東京都印刷センター協同組合ビル 3階A号室

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

横浜校

横浜市神奈川区鶴屋町3丁目30−8 SY ビル 2 階

​ビートルビル

©  Abox Photo Academy.