• Abox Photo Academy

写真家 松龍 スペシャルインタビュー

更新日:2020年10月12日

ABOX PEOPLE VOL.1 「写真家 松龍 スペシャルインタビュー」

interview Vol.1


写真家 松龍 スペシャルインタビュー

聞き手:高崎 勉 (Abox Photo Academy 塾長)



Abox Photo Academyの講師である写真家「松龍」こと松下龍士氏による個展「宙と墨」が、2017年6月9日からSony Imaging Galleryにおいて開催されます。会期を目前に控えた松龍氏にお話を伺いました。


高崎 : 今日はお忙しいところありがとうございます。個展開催まであとわずかとなりましたが、準備は終わりましたか?


松龍 : はい、プリントは全て終えて額装の手配もしませましたし、あとはオープンを待つのみです。


高崎 : 会期中にトークイベントをなさるということで、その第2部では光栄なことに僕がお相手をさせていただくことになりました。その展示作品「宙と墨(そらとすみ)」の詳しいお話は会場でじっくり掘り下げるとして、今日は松龍さんの活動全般のお話から現在に至る経緯を伺いたいと思います。




松龍 : はい、よろしくお願いします。


高崎 : 先に僕と松龍さんの出会いを説明しておくと、僕が主宰する写真講座「Takasaki Seminar」の門を叩いてくださったことから始まりましたね。そして僕が松龍さんの作品のテクニカルな部分をアドバイスする関係になりました。


松龍 : そうでしたね。出会ってすぐに高崎さんの「Dream」という作品からインスピレーションを受けて、「くうをみる」という最初のシリーズ作品をまとめました。


写真との出会い

高崎 : 前から一度聴きたかったんだけど、そもそも写真を始めた経緯ってなんだったんですか?


松龍 : 祖父が中判の蛇腹式のカメラを持ってたんですよ。そのうちの一台くれたんですね。


高崎 : え、いきなり中判(ブローニー)?


松龍 : メーカー名とか覚えてないんですけど、それで撮り始めたのがきっかけです。写真というよりカメラが好きで撮りました。で、祖父は現像とプリントも自分でする人だったんですが、どうも引き伸ば