• Abox Photo Academy

写真作家のためのデータ管理作法






【問い】:できますか?


・あなたに興味があるので代表的作品シリーズのサムネイルを5点ずつ提出してください

・あの展示会で展示していた作品購入したいので、同じものプリントしてください

・この作品、販売のエディションは今いくつ?

・この作品コンテストに出したのはいつだった?どのセレクトで、何点?

・あのシリーズ最終完成のデータどれ?

・Photobook写真集に使ったデータはどれ?

・ポートフォリオレビューに持って行ったプリントはどれ?

・この作品データはどことどこに使ったもの?



これらを僕はLightroomを使って管理して解決しています。


LightroomはAdobeが提供している写真管理アプリですが、とても便利なのに使いこなせていない方々を見かけます。すでに別の方法で管理されているなら、わざわざ導入することはないですが、大体PhotoshopとLightroomのサブスクリプション申し込んでいるのに、Lightroomの機能を使いこなせていなくて、管理がバラバラになって都度時間をかけて対応しているのは、作品制作する時間を浪費しています。


この自粛期間中にぜひやってみませんか。

松龍が直接Onlineでマンツーマンで貴方のPC画面を見ながら操作をレクチャーします。


3500円/回

日程は詳細ページで確認してください。



※下記の内容を想定していますが、Lightroom習熟度に合わせて内容をアレンジします

画像データとカタログ・コレクションの管理方法

シリーズの印刷データの作り方

写真データの現像とシリーズ化





申込はこちらから


最新記事

すべて表示