top of page
  • Abox Photo Academy

今月の宿題【黒とグレー】Step-up Class

一般的なカメラと目の違いは明るさの認識できる領域がことなる。

特に撮影の時にそれを意識してカメラに指令を出せるか。

を問う宿題となった。


たとえばこのシーン

自宅の仕事部屋なのだが、一年うち今頃だけ朝の時間に窓の隙間から光りが差し込む

ほんの20分くらいの出来事


朝の光
黒とグレー

寝間着を掛けて、仕事着に着替えて

ああ、この季節が今年もやってきたかと気がつき

カメラを持ち出す。


焦ってシャッターを押すことはしない

変化してゆく光、風景を味わう。

終わりゆく秋と来る冬。

季節らしいモノはなにも写っていない、自分だけが分かる写真になる



そして、カメラに指令を出すために言語化する

どこにハイライトがくるのか

最も暗いところはどこ?

画角は?

撮影距離は?

シャッター速度は?

手ぶれ?絞りは?ISOは?

と考えているうちに時間が過ぎてゆく

そして、全ての選択肢を選びカメラに伝えて

そっと息を吐きながらシャッターボタンを押す。


日常の中に見いだすStill Lifeが好きだ。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page