大塚栄二

 鹿児島県川内市生まれ。

 2歳の時に両親の移住で東京へ。大学卒業まで東京に住む。

 22歳で精密機器メーカーへ就職と同時に長野県へ。以来30年余りを長野で過ごす。

 2018年5月に福島県へ転勤。

 カメラ、顕微鏡、内視鏡の製造技術(製品をどう作るかを考える仕事)に従事。

 カメラを造ることから次第に写真自体にも興味が広がり、現在では作品としての写真作りに活動の場を広げている。

 また写真講座の講師も務め、最近では「光をどう見極めるか」をテーマに行った講座「光で画く」が好評を得る。

資格:

  フォトマスターEX(総合)

 

主な展覧会、写真活動歴:

  2016年 nico(パリフォトサテライト展示)

  2016年 個展「ひーじゃーの島」

  2016年 写真集「Presence」制作

  2017年 JPCO展2017東京、京都

  2018年 チームチャンピオンズカップ2018

             優勝、最優秀写真家賞受賞

  2018年 Workshop2B OB展 「Annual2018」

  2019年 個展「光で画く」 @ space K

  2019年 Abox Photo Academy 写真展 2019

​大塚栄二のサイトへ

Abox Photo Academy 事務局&Studio

(高崎写真事務所内)

東京都新宿区西落合 1-26-6
東京都印刷センター協同組合ビル 3階A号室

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン

横浜校

横浜市神奈川区鶴屋町3丁目30−8 SY ビル 2 階

​ビートルビル

©  Abox Photo Academy.